便利な三次元測定機の導入|立体物の表面を測定できる

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. シーケンサ

シーケンサ

女の人

一般的にはシーケンサと呼ばれるPLC(プログラマブルロジックコントローラ)は、工場に設置している生産機器をはじめ各種制御装置に組み込まれている機器になります。PLCはその名前の通り小型のコンピュータとして考えることができ、ソフトを使って動作することになりますのでプログラミングが必要です。なおPLCが扱う機器は高度な安全性や信頼性が必要なため、情報技術よりも電気技術者が取り扱うことが多いのも特徴の一つです。また基本的な構成としてPLCはプロセッサモジュールのほかに、拡張用のIOモジュールで構成されており大抵が冗長構成になっています。このような構成を取りますので修理が必要な際には、冗長側に切り替えたり予備機に交換してその間に故障した部分を修理することが多いのです。

シーケンサと呼ばれるPLCを取り扱うときには、大抵電気技術者が担当しますが工場内のネットワーク化に伴いITの知識も必要になってきています。この傾向によりPLC自体のソフトウェアも高度なものが必要となり、サーバに生産データを送るようなことも考えられるようになってきています。このように常時データのやり取りが行われるようになると、修理が必要になった時のオペレーションを考える必要が出てきます。また生産装置に組み込まれているケースもありますので、修理するときの取り外し方も安全第一の観点で制定しておく必要があります。このように生産活動に不可欠な機器となったPLCですので、その運用については修理時も含めて検討していく必要があります。